極める! イタリアン歴史街道|バンビーノの歴史

極める! イタリアン歴史街道|バンビーノの歴史

こんにちは!歴史学科考古学専攻卒・地中海沿岸の歴史大好きな料理研究家・Ruiです。
料理の持つ背景や歴史を知れば、料理が3倍面白くなる!
てことで、ぼくの大好きなパスタを中心に、歴史的な背景や成り立ちを調べていくブログを始めます。

第18回の今回は、子どもたちに大人気、「バンビーノ」を紹介していこうと思います。

長らく更新ストップしていてすみませんでした、ここ一月余り引っ越しでドタバタしていまして。

1、え?お笑い芸人?

バンビーノと聞くとみなさんが想像するのはおそらくお笑いコンビの「バンビーノ」ではないかと思います。もしくは漫画、ドラマの「バンビ〜ノ」でしょうか。

でも、ぼくがここで言いたいのはピッツァの「バンビーノ」です。

バンビーノはツナ、コーン、ベーコンなどを使ったもので、子どもたちが大好きなピッツァとされています。ちなみにバンビーノ(bambino)は「男の子、少年」の意味です。「女の子、少女」はバンビーナ(bambina)です。なんかもう、名前からして子どもたちのためのようなメニューですね。

日本のファミレスでは「ツナマヨピザ」「マヨコーンピザ」と表記されることが多いみたいです。日本人にはこっちの方が分かりやすいですね。

2、ツナやコーンの他には?

バンビーノの一般的な具材は前述の通りツナ、コーン、ベーコンなどですが、決まったトッピングはなく結構自由度高いみたいです。ウインナー、ハム、ゆで卵、マッシュルーム、ポテト、アスパラガスなど、だいたい何でもありです。なんだか前回のカプリチョーザにちょっと似てますね。

これらの具材・・・なるほど確かに子どもたちが好きそうです。

3、それでは今回も生地から〜

では早速作ってみましょう。今回はオーソドックスな具材を揃えてみました。

キッチンにだいたい常備してあるものばかりですよ

材料(ピッツァ1枚分)

ピッツァ生地(1枚分)

  • 強力粉 150g
  • 塩 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ぬるま湯(35℃程度) 100ml
  • ドライイースト 3g
  • 大きめのナイロン袋 1枚
  • 打ち粉(ベタつき防止で手やまな板につける粉) 強力粉を適量
  • ピザストーン(これキーアイテム!)

トッピング

  • マヨネーズ 20g
  • 牛乳 10g
  • ツナ 40g
  • ハム 2枚
  • コーン 30g
  • ピザ用チーズ 30g
  • 粉チーズ 10g

作り方

生地については同じのをつかいますので、前回のをぜひご覧ください。

1、オーブンを250℃(できれば300℃)にして、ピザストーンも一緒に予熱する。ハムを1cm角にカットする(またはちぎるでも可)。

2、ホワイトソースを作る。マヨネーズと牛乳をなめらかになるまで混ぜる。めっちゃ簡単に完成〜。生地を平たく伸ばしホワイトソースをぬり、ツナ、ハム、コーンを均等に散らすようにのせる。その上からチーズを散らす。

マッハ簡単、お手軽ホワイトソース
チーズは最後にのっける

3、予熱完了したらオーブンに入れ、250℃なら12分、300℃なら5〜6分焼く。途中、半分経過したら生地を半回転させ、焼き加減を均一にする。

4、焼き上がったら皿にのせ、切り分けて完成!黒コショウ、バジルなどお好みのトッピングもアリです!

ふっくらもちもち、うひょー!
今回はそのままで食べました

4、まとめ

とろとろチーズと甘いコーン、ホワイトソースの酸味がたまりません!これは確かに子どもから大人までみんな大好きな味です!

次はトマトソースで作るのもいいかもしれませんね。

みなさんもお好みの具材でぜひ作ってみてください。

では今回はこのへんで、また次回も見てくださいね〜

5、インフォメーション

さかのした合同会社では、毎月第3日曜と火曜に「みんなの調理実習」を実施しています。みんなで楽しくワイワイ、コミュニケーションしながら作り置きおかずができちゃうサービスです。惣菜販売も同時に行ってますので、今日の夕飯にプラス一品ぜひ!

最近の投稿

さかのしたのInstagram

ぼくのInstagramもぜひ見てみてくださいね〜!
料理をどんどんアップしていきます。

https://www.instagram.com/p/CQaKX7vD29W/?utm_source=ig_web_copy_link

Follow me!

極める!イタリアンカテゴリの最新記事

PAGE TOP