Gioia! スイーツ! 自由〜 創作料理❗

Gioia! スイーツ!|白いガトーショコラ

こんにちは!歴史学科考古学専攻卒・地中海沿岸の歴史大好きな料理研究家・Ruiです。
料理の持つ背景や歴史を知れば、料理が3倍面白くなる!
てことで、ぼくの大好きなパスタを中心に、歴史的な背景や成り立ちを調べていくブログを始めます。

第38回の今回は、ホワイトデーのお返しにぴったり、白いガトーショコラを紹介していこうと思います。

1、白❓そんなのあるの❓

はいあります。フランスの伝統的なレシピでは「ガトーショコラ・イヴォワール」と言います。「イヴォワール(ivoire=象牙色)」という意味です。

普通のチョコやココアパウダーは入れず、ホワイトチョコで作るレシピです。ホワイトデーにバッチリぴったしのこのスイーツ、一緒に作ってみませんか❓

2、ツクリタイムシが…

はい、出ちゃいました。ツクリタイムシ。
気にしないでください、いつもの発作です。
しょうがないじゃない、クリエイターだもの。

いつもの歴史路線からはちょっと脱線しますけど、

さあ〜作りましょう、自由に。自由に。レッツクッキン

材料(18㎝丸型1コ分)

  • ホワイトチョコ 120g
  • 無塩バター 80g
  • 卵黄 3個分
  • 砂糖(卵黄用) 30g
  • 生クリーム 80ml
  • バニラエッセンス 2、3滴
  • 卵白 3個分
  • 砂糖(卵白用) 40g
  • 薄力粉 60g
  • 粉糖 適量

作り方
※基本的には前回のガトーショコラとほぼ一緒です

1、卵黄は室温に戻しておく。材料をそれぞれ計量する。湯せん用のお湯を沸かす。粉類を合わせて振るっておく。生クリームは600Wで20〜30秒程温める。沸騰させると分離するので程よくでよい。型にクッキングシートを敷いておく。

2、チョコレートを細かく刻む。早く均一に溶かすための一手間。刻んだチョコとバターをボウルに入れ、湯せんで溶かす。

こうすると早く溶けるよ
チョコとバターを均一に

3、卵黄と砂糖をボウルに入れ、すり混ぜる。最初はシャバシャバしているが、だんだん白っぽくもったりした感じになってくる。2のチョコ、生クリームを順番に少しずつ混ぜる。一気に入れるとうまく混ざらないことがあるため、焦らず少しずつ加えながら混ぜる。

卵黄と砂糖、こんなのが〜→
こうなります
チョコバター、生クリームも順番に

4、8分立てのメレンゲを作る。ハンドミキサーで混ぜ、泡が細かくなってきたら砂糖を2〜3回に分けて加える。固すぎるメレンゲだと最後に強く混ぜる必要があるため、せっかくの泡が消えてしまう。ので、少しゆるめのメレンゲがベスト。「ピンと立ったメレンゲが軽くお辞儀をする」くらい。
 このあたりのタイミングでオーブンを170℃に予熱しておく。

このくらいの感じです

5、3にメレンゲを1/3ほど入れ、よく混ぜる。ここはしっかり混ぜてよい。粉も加えてさっくりと混ぜる。

6、5をメレンゲのボウルに入れ、泡を潰さないように、ゴムベラで全体をさっくりと切るように混ぜる。ツヤが出るまで混ぜたらOK❗

7、型に入れ、少し上から2、3度落として空気を抜く。170℃で25分、その後160℃で30分焼成する。途中で反転させ、火の入りを均一にする。(ずっと高温だと表面が焦げるので、ある程度焼き色がついたら温度を下げてじっくり焼く。)

8、中心部に竹串を指して何もつかなければOK❗粗熱が取れたら型をはずす。いきなり冷蔵庫に入れると焼き縮みが大きいので、常温でゆっくり冷ます。冷めたら紙をはがす。
お好みでホイップや粉糖をトッピングして完成❗

3、まとめ

ぱっと見はチーズケーキみたいですが、食べるとしっかり濃厚ガトーショコラ❗

久々の創作意欲も満たされて、大満足の回でした❗
ホワイトデーには是非こちらを作ってみてくださいね〜

では今回はこのへんで、また次回も見てくださいね〜

4、インフォメーション

最近の投稿

さかのしたのInstagram

ぼくのInstagramもぜひ見てみてくださいね〜!
料理をどんどんアップしていきます。

参考資料

  • 小菅陽子著 『みんな大好き! 定番お菓子』 旭屋出版 2006年
  • 『人気定番スイーツの基礎BOOK』 朝日新聞出版 2018年

Follow me!

-Gioia! スイーツ!, 自由〜 創作料理❗

PAGE TOP