Gioia! スイーツ! 極める!イタリアン

Gioia! スイーツ!|アマレッティの歴史

こんにちは!歴史学科考古学専攻卒・地中海沿岸の歴史大好きな料理研究家・Ruiです。
料理の持つ背景や歴史を知れば、料理が3倍面白くなる!
てことで、ぼくの大好きなパスタを中心に、歴史的な背景や成り立ちを調べていくブログを始めます。

第40回の今回は、イタリア風アーモンドクッキー、アマレッティを紹介していこうと思います。

1、イタリア風アーモンドクッキー❗

アマレッティというスイーツをご存知でしょうか❓
「聞いたことあるような、ないような・・・」という方が多いと思います。

アマレッティはイタリア風のクッキーのようなスイーツです。小麦粉の代わりにアーモンドプードル(アーモンドの粉末)を使うので、とても香りよく仕上がります。今風に言うと、グルテンフリーですね。
また、普通のクッキーやビスケットのようにバターは使わず、メレンゲのおかげでふわふわサクサク、とても軽い食感になります。

発祥はロンバルディア、フィレンツェなど諸説ありますが、ぼくはシチリア島ではないかと考えます。
地中海の楽園、シチリア島はイタリアが誇るアーモンドの名産地。その歴史は聖書にも登場するくらいとても古く、紀元前10世紀頃にギリシャ人が地中海全土に広めたと言われています。
実際、シチリア島にはアーモンドを使った伝統菓子が多く存在し、アマレッティもその一つです。

2、マカロンの起源❓

メレンゲ菓子と聞いて、まずマカロンが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
確かに、ぼくもそうです。
今や日本でも大人気のマカロンは、なんとこのアマレッティが起源と考えられています。

1533年、フィレンツェ公国のカトリーヌ・ド・メディシスがフランス王アンリ2世のもとへ嫁ぐ際に、一緒に連れて行った菓子職人によってイタリアからフランスへ製法が伝わりました。これがマカロンの発祥とされています。

言われてみればなるほど、材料や製法がよく似てますね。いや〜歴史。

ちなみに、「アマレット」というリキュールがありますが、実はアマレッティの方が先です。
アマレットには杏仁(杏仁豆腐などに使われる杏の種の中身)が使用されていて、これがアーモンドに香りが似ているからその名が付けられたそうです。
「アマレット」を加えるから「アマレッティ」なのではなく、
「アマレッティ」に似てるから「アマレット」なんですね。逆❗う〜ん歴史。

3、さあ作ろうか

ではでは、今回も作ってみましょう。

実は材料そんなに多くないよ

すいません、アマレットがなかったんです・・・
今回はアーモンドエッセンスで勘弁してつかあさい・・・

さあ、レッツクッキン!

材料(約20個分)

  • アーモンドプードル 100g
  • 砂糖 50g(30と20に分ける)
  • 塩 1つまみ
  • 卵白 1個分
  • アーモンドエッセンス 2〜3滴

作り方

1、アーモンドプードル、砂糖30g、塩を混ぜ合わせておく。

小さい泡立て器があると便利❗

2、卵白を泡立て、メレンゲを作る。角が立つまで泡立ったら、砂糖20gを2回に分けて加え、また角が立つまで泡立てる。

3、2のメレンゲに1の粉類を混ぜ、ゴムベラでさっくり混ぜる。半分くらい混ざったらアーモンドエッセンスを加え、また混ぜる。この時、混ぜすぎるとメレンゲの泡が潰れて膨らみが悪くなったり、サクサク食感が失われたりするので、泡を潰さないようさっくり混ぜる。

ゴムベラで切るように、下からすくい上げるように混ぜる

4、全体がひとかたまりになったら、10gずつ分割する。手の平で丸めて軽く上からおさえる。天板に間隔を開けて並べる。(焼くと膨らむため)

5、オーブンを160℃にセットし、30分焼く。途中、半分経ったら天板を180°反転させ、焼き目を均一にする。

カリッと焼き上がり❗

6、焼き上がったら天板から外し、粗熱をとって完成❗

お茶菓子やギフトなどにもいいよ❗

4、まとめ

久々のスイーツ回、大満足❗でした。

しかし、アマレッティとアマレットにそんな関係が・・・
いや〜歴史ですね〜

次回はこのアマレッティをさらに応用したスイーツを作りたいと思います。
乞うご期待❗

では今回はこのへんで、また次回も見てくださいね〜

インフォメーション

最近の投稿

さかのしたのInstagram

ぼくのInstagramもぜひ見てみてくださいね〜!
料理をどんどんアップしていきます。

栗ぜんざい on Instagram: "おはこんばんちわ、料理研究家のRuiです。 今日はおうちで簡単、本格アラビアータを紹介していこうと思います。 唐辛子の効いたピリ辛トマトソースのパスタ、こういうの時々無性に食べたくなりますよねー。 でも家庭では難しいんじゃ•••❓ いえいえ、ぶっちゃけ唐辛子さえあれば大丈夫です❗️ ちょっとしたコツで本格アラビアータが作れます❗️ アラビアータは「おこりん坊」という意味です。食べると唐辛子の辛さで顔が真っ赤になることから、この名がつけられたとされています。 なお、アラビア半島は関係ありません。名前が似てるだけです。マジで。 さあ、では今回もレッツクッキン ○材料(1人前) ・オリーブ油 大さじ1 ・ニンニク 1片 ・ベーコン 30g ・唐辛子 1本 ・仕込みトマトソース 100g (市販トマトソースでも可) ・パスタ 120g ・塩 2g ・パセリ 適量 ・黒コショウ、粉チーズ 適量 ※ベーコンの代わりにハム・ウインナー・シーフード等でも、もちろんOKです❗ ○作り方 1、唐辛子の種を取り除く。唐辛子の種はものすごく辛いので、あらかじめ取り除いておく。ヘタをちぎり、切り口を下にしてトントンと軽く叩く。うまく取れない場合は真ん中あたりで割ってもよい。 2、玉ねぎ、ベーコンはザク切り、ニンニクはみじん切りにする。鍋にたっぷりのお湯を沸かし、パスタを袋の表示より1分短く茹でる。 3、フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ、弱火にかける。細かな泡が出て香りが出てきたら、ベーコンと玉ねぎを入れて炒める。 4、玉ねぎがうっすら透き通ってきたら唐辛子を入れる。 この時、ちゃんと火にかけることが大切❗唐辛子の辛みは「直接火にかける」ことで抽出できるので、「火から下ろして予熱」等の方法ではうまく辛みが出せないのである❗ 5、具材に火が入り、いい感じに辛みが抽出できたら火を切って粗熱を取る。具材を端によせ、空いたスペースにトマトソースを入れ、その上に塩をふる。 6、パスタが茹で上がるタイミングに合わせてソースを火にかけ、温まったらよく混ぜて、すぐパスタを入れてよくからめる。器に盛り付け、パセリをふり、お好みで黒コショウ・粉チーズをかけて完成❗ ちなみに、辛党の方は唐辛子をニンニクと一緒にスタートから入れるのをおすすめします。唐辛子は同じ分量でも加熱すればするほど辛みが出せますから、今回紹介したレシピでも入れるタイミングである程度辛みの強弱がつけられます。 是非自分好みの辛み、自分だけのアラビアータを見つけてみてくださいね〜。 では今回はこのへんで、また次回も見てくださいね〜 ブログ始めました、こちらもぜひ https://sakanoshita.biz/archives/3824 #料理研究家 #料理研究家レシピ #イタリアン #イタリアンレシピ #イタリアン作ってみた #料理男子 #料理男子レシピ #アラビアータ #アラビアータパスタ #アラビアータレシピ #アラビアータ作ってみた #ピリ辛 #ピリ辛パスタ #ピリ辛パスタ作ってみた #唐辛子 #唐辛子パスタ #唐辛子トマトソース #唐辛子トマトソースのパスタ #自家製トマトソース #自家製トマトソースパスタ #自家製トマトソースのアラビアータ #ベーコン"

栗ぜんざい shared a post on Instagram: "おはこんばんちわ、料理研究家のRuiです。 今日はおうちで簡単、本格アラビアータを紹介していこうと思います。 唐辛子の効いたピリ辛 ...

www.instagram.com

参考資料

  • 小菅陽子著 『みんな大好き! 定番お菓子』 旭屋出版 2006年
  • 『人気定番スイーツの基礎BOOK』 朝日新聞出版 2018年
  • 佐藤礼子著 『シチリアの伝統菓子とマンマの手作り菓子』 誠文堂新光社 2013年
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88
  • https://dante-learning.com/amaretti-jp/
  • https://www.cotta.jp/special/article/?p=7123
  • https://outiokasi.com/macaron/

Follow me!

-Gioia! スイーツ!, 極める!イタリアン